ONLY GEMINI耐震改修

近いうちにやってくる大地震…
南海、東南海地震の発生率がこの30年のうちに70%とも80%とも言われています。
最近では2018年6月18日に「大阪北部地震」が発生したところです。
地震に備えて特に非常に重い建物である伝統工法で建てられた古民家は、
このままでは倒壊する可能性がたくさん見受けられます。

当社では住宅の特性に合わせた耐震改修設計を行います。
在来工法には一般診断法や精密診断・許容応力度計算、
伝統工法には限界耐力計算等で構造計算をします。
※行政の耐震工事補助金が受けられます。(審査に適合する必要があります。)

他社と違うのは、現場調査から構造計算、設計図作成、補助金の申請、
工事業者の選定、現場監理を一貫して自社で全て行います。

在来工法住宅の耐震改修

耐力壁に筋かいや構造用合板を設置し、金物を使用した強固な住宅を目指します。

在来工法で建てられた現在の住宅イメージ

筋かいを設置した事例

伝統工法住宅の耐震改修

柱や梁の交差部の復元力を利用して、地震で傾いても粘り強い住宅を目指します。

古民家…昔ながらの田の字形の間取りの家
(伝統工法で建てられた住宅のイメージ)

土塗壁と同じ性質を持った
荒壁パネル(土で作ったパネル)を使用した事例

耐震リングと言う樹脂製のダンパーを設置した事例